糖質制限ダイエット情報

身体にエネルギー源となる食料を入れた場合

余った分を脂肪として蓄える働きがあります。

インスリンというホルモンがこの働きを担っています。

インスリンはどのようにして分泌されるかというと

糖質(炭水化物)を摂ることで、血糖値が急上昇します。

急上昇した血糖値を下げるためにインスリンが分泌され

体内に入った糖質を脂肪に変えて蓄えろ、という指令を送ります。

ここで問題なのは「糖質を脂肪に変えて蓄えろ」という指令です。

蓄えろ、という指令なので、脂肪の燃焼を妨げてしまうんです。

糖質を摂り続ける限り、脂肪の燃焼を抑えて

体内に脂肪を蓄える状態が続いてしまうんです。

これが肥満のメカニズムで、インスリンが「肥満ホルモン」と呼ばれる理由でもあります。

つまり肥満ホルモンであるインスリンを分泌させないこと

糖質を制限することが脂肪燃焼=痩せる近道なんです。

糖質制限ダイエット  

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です