一目でわかる弁理士試験 弁理士試験情報

弁理士になるメリット

・報酬を得て、特許庁への出願等を代理できます。
・知財戦略などのコンサルティング事業といった付加価値の高いサービスを 知財部を持つ事が出来ないベンチャー、中小企業などに提供して行くことができます (簡単に言うと、コンサルティングを含めた、知財部のアウトソース先となれる)。
・著作権、技術上の秘密の売買契約、ライセンスの許諾に関する契約その他の契約の締結等の代理ができます。
・特定侵害訴訟(特許権等の民事事件)の共同代理人になれます(但し付記の登録及び、弁護士との共同代理が必要)。
独立しなくても、弁理士の資格があると、企業内での昇進が早いと一般に言われています。
難問の解法のポイントは事例の整理の仕方にあります。つまり答案構成にあるといってよいでしょう
そのため、代表的な難問に使える答案構成のテンプレートを用意しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です