血液を使ったがん検査【次世代がん検査】バリウム不要。PETより手軽。

がんの細胞が大きくなる前の血中物質および遺伝子レベルの生体の反応を調べているため、より早期の判定が可能です

腫瘍マーカーと同様、血液検査だけで終了します。バリウムをのんだり、被爆もゼロ。食事制限もありません。
医師のカウンセリングを含め、30分もあれば完了

一般で使用されている腫瘍マーカーより、2倍以上(※)の高いがんリスク発見率(感度)をもっています。
※通常の腫瘍マーカーにおける感度が3割程度とされるに際して、当検査は90%程度の感度です。

遺伝子は、産まれたときに親から受け継いだもので、変わることがありません。
この遺伝子を知ることで、がんを含めた病気のなりやすさ、かかりやすさを知ることができます。
このG-TACがん検査は、実に144の遺伝子を見ることで、36のがんの「遺伝的ながんの発症リスク」を判定することができます。

 
PETやバリウムなどの検査が苦手な方へ




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です